Menu

効果があるとあまり知られていなかった!睡眠サプリ

乳酸菌には睡眠をサポートする働きがある

仕事によるストレスなどから、日本には不眠症で悩んでいる方が多いと言われています。そもそも不眠症とは、寝つきが悪い、寝てもすぐ目が覚めるなどの症状が起こるでことです。十分な睡眠が取れないので、仕事で集中できない上に疲れやすくもなります。実は、乳酸菌のサプリメントはそんな不眠症を解消できると話題になっているのです。

不眠とは、人間の体内で心に平安をもたらす作用のあるセロトニンという物質が上手く分泌されないことで起こります。これが不足すると、体内時計が乱れて眠気を感じにくくなってしまうのです。しかし、乳酸菌サプリにはセロトニンの分泌を促すことができると同時に、不眠の原因のストレスも解消できます。したがって、不眠症の解消に高い効果があるというわけです。

睡眠効果を得るための摂取する際のコツ

乳酸菌サプリメントを摂取するタイミングは、夕食後がベストです。夕食を食べた後にサプリを取る事で、ちょうど就寝する際に成分が吸収されて効果が発揮されるからです。そして、サプリを飲む場合は用法・用量をきちんと守る必要があります。そもそもほとんどの人は、不眠症を早く治すために決められた量より多く飲んでしまいがちだからです。ただ多く摂り過ぎると乳酸菌の作用で腸の活動が活発になり過ぎて、下痢を起こしてしまう可能性があります。基本的に乳酸菌のサプリは、製品ごとに1日の目安量が定められています。なので、健康のためには必ず製品のパッケージに記載されている摂取量を守ることが大事です。

不眠症など眠れない人を快眠に導く健康食品が睡眠サプリです。快眠をサポートする成分のアミノ酸「グリシン」などの栄養素や、リラックス状態へと促すハーブや薬草系の成分を持つものが多くみられます。

テアニンとはを読む