Menu

毛穴の詰まる原因は思春期と大人では違う?

思春期のニキビができる原因

ニキビができる原因にはさまざまなものがあります。思春期の時期にできるものは成長ホルモンの分泌により皮脂の分泌が活性化されることによります。皮脂の分泌が増えると毛穴が詰まりやすくなります。そして、毛穴が詰まることでアクネ菌などの原因菌が繁殖し始めてニキビとなります。アクネ菌が活動をし始めると体は抵抗します。それが炎症として現れます。これがニキビが赤くなる原因です。思春期は皮脂の分泌が増える時期なので毛穴が詰まりやすい環境が整います。つまり、こまめなケアがポイントであると言えます。ケアにおいては過剰な皮脂を落とすことをイメージして行います。皮脂は肌の乾燥を防ぐなど必要なものです。洗顔で皮脂をすべて落としてしまうと、逆にバリア機能が低下することで肌のトラブルを誘発します。そのため、適度に洗うことがポイントです。

大人になってできるニキビ

大人になってできるニキビもできるメカニズムは同じです。毛穴に皮脂が詰まることによります。しかしながら、皮脂が過剰に分泌されるからだけではなく、肌のターンオーバーが関係しています。肌は一定の周期で新しいものに変わっていきます。しかしながら、生活リズムが不規則であると、このリズムが崩れてしまいます。それにより、古い角質が残されることで毛穴が詰まりやすくなります。つまり、大人ニキビでは肌のターンオーバーを正常化するための生活リズムを守ることがポイントです。また、ストレスなどが原因となることもあるので、適度なリフレッシュも取り入れてみることも有効です。

ニキビ跡について悩んでいるなら、専門の医療機関に相談しましょう。それぞれの症状に合わせて、フォトフェイシャルなどの治療を受けることができます。