Menu

ニキビが出来る前と出来てしまった時の対処法

ニキビは治すのではなく作らない!

肌の清潔を保っていてもニキビが出来てしまう事があります。しかしニキビには必ず原因が隠されているのです。ここではニキビを作りづらくする方法を紹介します。まず生活習慣ですが睡眠はしっかり取りましょう。特にゴールデンタイムと呼ばれる夜の10時から2時まではしっかり深い眠りについておく事が理想です。肌のターンオーバが1番活発とされていますので夜更かしはせず眠りましょう。次に食生活にも気をつけましょう。脂っこいものは勿論甘いものも肌には大敵です。野菜中心にしつつタンパク質も摂取してバランスよく食品を取り入れましょう。しかしストレスもまたニキビには良くないのでご褒美程度には甘いもの等も楽しんでくださいね。次に清潔を保つための洗顔ですが絶対に擦って洗うのはやめましょう!石鹸をしっかりメレンゲのように泡だてて、その泡で肌を洗うというイメージで行ってください。肌へのダメージが最小限で尚且つ汚れも落としてくれます。

出来てしまったニキビには〇〇しましょう!

どんなにお手入れをしていても出来てしまう時もあるニキビ。そんなニキビは絶対潰してはいけません。跡に残る可能性があり、炎症がひどくなってしまう事もあります。ニキビが出来た時はビタミンC誘導体が入ったものを患部にしっかりパックさせましょう。跡が残ってしまいそうな箇所にも毎日欠かさず行うと効果的です。あとはハトムギ入りの化粧水はベタつかずサッパリとしているのでニキビが出来やすい方には良いかもしれません。

綺麗な肌で自信を持ちましょう!

ニキビの対策は日々の鍛錬のように毎日欠かさず行う事が大切です。ニキビが出来てからではなく作らない肌になるように心掛けながら生活しましょう。綺麗な肌は自信へも繋がっていきますので頑張ってください。

青春の象徴というイメージの強いニキビですが、西洋医学では皮膚の炎症と捉えられています。一方東洋医学では、内傷病とされ、内蔵の機能が低下し、ホルモンバランスが狂った結果としてできると考えられています。