Menu

色白な人ほど危険!?後天性のそばかすはこうやって対策しましょう

油断しないで!紫外線対策に終わりはないんです

後天的にできるそばかすは、シミと同様に紫外線を身体が浴びた時に皮膚が作り出すメラニンのせいで増えてしまいます。つまり、紫外線を浴びる量を減らせば、シミもそばかすも一緒に予防することができるというわけですね。ただ、紫外線対策は間違ったやり方で行われることが多いので気を付けましょう。よく勘違いされるのが、夏場だけ気を付けておけばいいという点と、太陽が出ていない日は特に注意しなくてもいいという点です。夏の紫外線量が多いのは確かですが、実は春ごろから外にずっといると日焼けしてしまうくらい、たくさんの紫外線が降り注いでいます。次に曇っている日の紫外線ですが、晴天時の6割くらいは紫外線が地球まで届いているんですよ。曇り空のすき間から太陽が顔をのぞかせている時は、紫外線を雲が反射するので要注意!室内にいても紫外線は入ってくるので、不安な人は日焼け止めを使ってくださいね。肌が弱くて日焼け止めを塗れない人は日傘が便利ですが、使っているうちにUVカットの力が衰えていくので、定期的に買い替えるかUVカットスプレーでメンテナンスをするのがおすすめ。

ピーリングも怠らずに!睡眠や栄養はどうしていますか

古い角質を週に何回かピーリングで削るようにすることも、そばかすを薄くするのに効果的です。過剰に行うと、肌を守る為に必要な分の角質まで削ることになるので気を付けてください。ピーリングをする時間帯は夜がいいですよ。終わった後は肌が乾燥しないように、丁寧に保湿することも忘れないでください。なるべく睡眠時間をたっぷりとることと、ビタミンCやコエンザイムQ10を食べ物やサプリから補うことも大事ですね。

そばかすの症状を改善したいなら、ビタミンCが決め手となります。サプリを服用したり、ビタミンCが配合されている化粧品を使用したりする方法はおすすめです。